お腹の構造をよく知らないから

投稿日:2017年12月24日 更新日:

コアの骨格がないから腹凸→腹凹になりやすい

カラダから四肢を除いた体幹は、胸部、腹部、腰部という3つエリアリアに分かれる。
このうち胸部には胸郭、腰部には骨盤という丈夫なフレームを持っが、両者に挟まれた腹部=コアは骨格の空白地帯。
内側からぶくぶく太っても、胸部や腰部は胸郭や肋骨で膨らみにブレーキがかかるのに、コアにはそうしたストツパーがないため、
その気になればいくらでも膨らむ。これがお腹が出やすい最大の理由。

でも「構造の問題なら、お腹が凹まないのは自分のせいではない」と貴任放棄するのは間違い。
骨格がないから、その気になればいくらでも凹ませる。胸部や腰部はどう頑張ってもサイズダウンは
望めないけれど、コアは構造上、体幹では唯一凹みやすいのだ。

コアには腹腔という袋があり、姿勢維持をサポートしている。そしてコアを鍛えて腹腔の圧力(腹圧)を高めると背骨のアライメン卜(連なリ)が正しく修正されて、
蛇腹を上下から引っ張るようにコアがスリムに引き締まってくる。

コアは上半身と下半身をつなぐ要衡。ここが骨格の空白地帯であるがゆえに、ヒトは上半身と下半身をバラバラに使ってアクテイブな動きが行える。
仮に鎧を着た騎士のように体幹全体が骨格ですっぽり覆われていたら、ヒトはロボットのようなぎこちない動きしか行えないに違いない。スポーツや
ダンスが楽しめるのも、コアがフ一レームレスなおかげ。あの手この手でとことん凹ましてやろう。

-腹割り

Copyright© 腹筋マーメイド , 2018 All Rights Reserved.